交通事故の治療が終わると、
相手方損害保険会社から賠償金額の提示があると思います。

この提示金額の書類と一緒に
「承諾書」や「示談書」が送られてくるため、
何も考えずに署名・捺印をする方もいらっしゃると思います。

名古屋駅の弁護士・交通事故のサイトでも
ご紹介しておりますが、
この提示金額は「裁判基準」と呼ばれる
交通事故の損害賠償額の基準からすると、
大幅に低いものです。

「弁護士に相談するのは面倒だし」。

そんな風にお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

でも弁護士事務所に足をのばすだけで、
正しい金額の基準を知ることができます。

ご依頼されれば
数百万円単位で金額が変わることもございます。

「交通事故のことは早く忘れたい」。

そう思われることはもっともなのですが、
どうか一歩立ち止まってご相談にお越し頂ければと思います。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所