過払い金・返還請求を迷って相談できていない方へ

消費者金融やカードキャッシングの過払い金。

もうすでに取り戻した方も多くいらっしゃるかと思いますが、一方で、過払い金請求をしようかどうしようか迷ったままという方も多くいらっしゃると思います。

「自分が納得して借りたものだから」とか「苦しい時に助けられたのも事実だから」という理由で、消費者金融やカード会社に対して、過払い金を請求するのをためらってしまう方が多いようです。

しかし、いくら納得して借りたものであっても、いくら苦しい時に助けられたものであっても、法律(利息制限法)で定められた以上の金利を支払う必要はありません。

法律的には、利息制限法という法律で定められた制限利率を超えた利率については、いくら借主であったみなさんが納得してサインしたものであっても、法律の定めを超えた分について、契約は無効ということになります。

そもそもみなさんには、いくら納得して借りたものであっても、いくら苦しい時に助けられたものであっても、法律に違反した部分については契約が無効である以上、法律で定められた以上の利息を支払う必要は無かったのです。

⇒ 過払い金の対象者とは?

 

それでは、消費者金融やカード会社は、法律で定められた以上の利率で受け取った利息について、みなさんに全額を自主的に返してくれるでしょうか?

残念ながら、そんなことは過去に例がありません。

倒産してしまった会社が、過払い金のごくごく一部を配当として支払ったケースはいくつかありますが、倒産していない会社が、「みなさん、利息をもらいすぎてすみませんでした」といって、過払い金の元金と利息を含めて全額を返してきたケースは一度もないのです。

ということは、みなさんが、過払い金請求を迷っていたりして、返還をただ待っていても、過払い金が全額戻ってくることはないのです。

 

ここで、みなさん注意してください。

過払い金の請求は、いつまでもできるものではありません。

取引が終了してから10年が経過してしまうと、過払い金は消滅時効にかかってしまいます

過払い金が消滅時効にかかってしまうと、法律的に取り戻すことができなくなってしまいます。

さらに、途中で一度完済した方最後の方はお金が借りられずに返済だけだったという方は、相手方業者が、時効の起算点は取引終了時ではなく、途中完済時や借りられなくなった時点から時効が進行するなどと主張してくるため、過払い金を全額回収するのが難しくなるケースもあります。

⇒ 過払い金の時効について

 

過払い金の請求は、格好悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

消費者金融やカード会社が利息制限法という法律を超えて利率を設定していたため、みなさんが払わざるを得なかったお金を取り戻す、正当な権利の行使です。

特に倫理感の強い中高年の方の中には、長い年月をかけて返し終わったのに、まだ過払い金を請求していない方や、20年以上の取引を現在も続けている方が多くいらっしゃるようです。

実際、今年(平成30年)も、大変長い取引で、大変高額の過払い金の回収を無事に終えた方が、とても多くいらっしゃいます。

⇒ 中高年の方こそ過払い金請求

⇒ 長い間返済だけを続けている方へ

 

過払い金は、ご自身から請求しない限り、全額が戻ってくることはありません。

請求手続きは、弁護士にご依頼頂ければ、弁護士が相手方業者と交渉したり、裁判を起こしたりします。

過去の借金のことが、ご家族に知られたり、職場に知られたりすることはありません。

過払い金請求をしていることが、周りの人に知られて、恥ずかしい思いをすることもないのです。

過払い金請求のリスクやデメリットが気になるという方はこちらのページをご覧ください。

⇒ 過払い金のリスク・デメリット

 

また、すでに支払い済みの会社に対する過払金請求の場合には、信用情報機関での事故扱い、いわゆるブラックリストに載ることもございません

債務が残っている方の場合でも、利息制限法の制限利率による再計算の結果、債務が全部消えて、過払い金が発生していた場合には、ブラックリストへの影響はとても軽微かもしくは皆無となります。

インターネット上では、完済の会社でも過払い金請求をしたら銀行での借り入れが一切できなくなるとか、一生カードが作れなくなるなど虚偽の情報を多数見かけますが、そんなことはありません。こうしたウソの情報は、過払い金請求をされると困る側が意図的に流しているのではないかと思われるほど多数見かけますので、注意が必要です。

⇒ 過払い金請求とブラックリスト

 

過払い金請求には、借入れ当時のカードや書類が残っていなくても、全く問題ありません。ご自身が借りていた先の会社さえわかれば、会員番号やカード番号がわからなくても、請求できるのです。

ちょっとした心配から、過払い金請求を後回しにして、過払い金を時効にかけてしまう方が大変多くいらっしゃるようです。

過払い金が時効にかかってしまうと、相手方の消費者金融やカード会社は、あなたの過払い金を、法律的に、あなたに返さなくて良くなります。

あなたが諦めたお金が、消費者金融やカード会社を喜ばせるだけになっていると思うと、嫌な気分になりませんか?

⇒ 過払い金Q&A

⇒ 過払い金請求を迷っている方へ

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、事務所設立以来、過払い金返還請求に力を入れています。

大量処理型事務所とは違い、過払い金請求の経験豊富な所長弁護士が、全ての方の案件を担当します。

通算の案件数や回収実績だけを誇るような大量処理型事務所とは違い、1件1件、迅速で丁寧な対応を心掛けているのが特徴です。

⇒ 過払い金請求に強い弁護士のみが全件担当

⇒ 片山総合法律事務所の所長弁護士片山木歩ご挨拶

⇒ 過払い金請求の理念

⇒ 片山総合法律事務所なら依頼後も安心!

 

完済の会社の場合は、着手金0円。債務残っている場合の着手金も、過払い金が戻ってきたらそこから精算可能です。

報酬金は回収額の20%(税別)と解決金が1社あたり2万1600円(税込み)。

裁判費用などの実費とともに、戻ってきた過払い金で精算します。

大量処理型事務所とは違い裁判を起こしただけで報酬割合が上がることもありませんし、債務が減った部分についての減額報酬も頂いておりません。

明確で良心的な費用だから安心です!

⇒ 過払い金の弁護士費用

⇒ 回収した過払い金の精算と振込

 

対象エリアは、名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海エリアのみ

事務所は名古屋駅から徒歩3分ほどなので、アクセスも便利です!

⇒ 地域密着型事務所なので安心!

⇒ 片山総合法律事務所・事務所概要アクセス

 

相談は、完全予約制となっています。

初回のご相談は無料相談実施中。

「弁護士に相談と思うと気が進まないな」という方もいらっしゃるかもしれませんが、過払い金の相談は皆さんがお考えになられるほど難しいものではありません。

⇒ 相談は意外と簡単です

これまでに名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご相談・ご依頼された方々の多くも、「もっと早く相談すればよかったですとおっしゃっていますので、どうぞご安心ください。

⇒ 過払い金請求のお客さまの声

 

過払い金請求は思い立ったが吉日です!

まずは、当事務所までお電話かネット予約でご予約ください。

⇒ 片山総合法律事務所が選ばれる理由

⇒ 過払い金無料相談ネット予約申込

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ