名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、
交通事故の被害者の方の損害賠償請求について、
重点分野の一つとして特に力を入れて取り組んでおります。

このところ、
交通死亡事故のご遺族の方々からのご依頼と解決が相次ぎました。

名古屋駅の弁護士・交通事故専門サイトでも
ご紹介しておりますが、
加害者側の任意保険会社が出してくる提示金額は、
交通事故の民事裁判で認められる金額より
大幅に低いケースがほとんどです。

「死亡事故の場合は、きちんと賠償してくれるだろう」。
そんな甘い期待は交通事故の件については期待してはいけません。

このところ解決した件でも
もともとの加害者側の提示金額から
約1000万円から数千万円も増額して示談がまとまりました。

逆に言うと、
仮にこうしたご遺族の方々が
名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご相談・ご依頼されなければ、
それだけ低い金額の賠償しかなされなかったということになります。

交通事故でご家族を突然失った悲しみは、
確かにお金で換算できないほど大きなものだと思います。

それでも日本の法律(民法)では、
お金に換算して加害者に賠償してもらうしかありません。

もし交通事故で大切なご家族が亡くなってしまった場合、
相手方損害保険会社からの金額提示があったとしても、
すぐに示談書にサインせずに、
まずは名古屋駅の弁護士にご相談頂ければと思います。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所